お風呂のサーモスタットを修理しました

本日のご依頼は三鷹市井の頭にお住まいのお客様からで、お風呂のサーモスタットが故障してお湯が出ないというご相談でした。

温度はちゃんと40度くらいに設定しているのに、全くお湯にならず水しか出てこないとのこと。
このままだと自宅のお風呂が使えないので、すぐに来て直して欲しいと仰っておりました。

そこでお客様がお使いの混合栓のメーカーと型番をお聞きし、ご依頼人様の元へ伺うことにいたしました。

道が混んでいたため40分ちょっとで到着をし、さっそくお風呂場の方へ行き状態を確認させていただきました。

湯沸し器の電源を入れハンドルをひねったところ、確かに冷たい水しか出てきません。
そこで内部のサーモバルブの故障ではないかと思われましたので、分解をして調べてみることにしました。

工具でサーモスタットの部品を取り外しサーモバルブを見た所、やはり故障していたようで、事前に準備しておいた新しいサーモバルブに交換をすることにしました。

再びハンドルをひねったらお湯が出てきましたので、無事修理することができました。

30分ほどの作業だったのですが、ご依頼人様はこんなにすぐに直るとは思わなかったと仰っておりました。

弊社にご依頼いただき誠にありがとうございました。

洗面所の排水溝の目詰まりを解消

牟礼のお客様より「洗面所の排水溝が詰まり困っている」との修繕依頼がありました。

到着したお宅は老年の女性が一人でお住まいのようで、日常生活においてなかなか細かい部分まで清掃を行う余裕がないとの事でした。

早速、ご依頼の洗面所に向かったところ完全に水の流れが妨げられており、目詰まりを起こしている状況でした。

同時に排水溝からゴミが逆流してきていたので、初見でも排水パイプ内にかなりの堆積物が存在するのが想像できました。

ご依頼主によると、掃除の際に発生したほこり等は全てこちらの洗面台に流し込んでいたそうで、それがパイプ内に溜まった油脂と絡み合い、今回の目詰まりを起こしていると断定しました。

まず水抜きをした後、排水パイプの結合部を外し大量の堆積物を取り除きました。
毛髪やほこり…細かい紙くずなどが沢山でてきました。
清掃後、試しに水を流してみるとスムーズに排水できたので、やはり原因は“ゴミによる目詰まり”でした。

その後、パイプ内に付着した油脂・汚れを除去する為の薬剤を流し込み、パイプ結合部のパッキンが老朽化していたのを交換し、仕上げの確認。
作業は完了となりました。

施工内容の説明をさせていただきながら、依頼主様には洗面台にゴミの類を流し込まないよう改善点を提案させていただきました。

トイレの水が流れないお客様に即日対応してきました

日常生活において必ず利用するトイレは、水周りのトラブルが頻発する箇所でもあります。

弊社ではこれまでに幾つものトイレに関する依頼を承り、またその都度しっかりと解決に導いた実績があります。
戸建や集合住宅問わず対応することが可能で、熟練の知識を持ったスタッフが迅速対応致します。

さて、先日依頼を承った案件は、深大寺在住の50代女性のお客様でした。

電話にて受けた内容は、「今朝子どもがトイレを利用した際にトイレの水が流れなくなっていました。子どもに悪戯したのか問い質しましたが、そんな様子でもありません。まったく原因が分からないと悩んでいたところ、そちらの会社のサイトを拝見しました。本当に即日対応してくれますか」ということでした。

お客様に教えて頂いた住所にすぐさま足を運びました。
木造建築の庭の広いお宅で、インターホンを鳴らすとすぐにお客様がドアを開けてくださいました。

そして、本人確認ののち部屋に上がらせて頂き、早速トイレの調査を始めることにしました。

たしかに水が流れない状況で、タンクやパイプの確認をしたうえで、これは部品の交換が必要だと発覚しました。
原因が判明すれば対処は難しくなく、現場到着後おおよそ30分程度で交換作業は終了しました。

このようにただ単にトイレの水が流れない場合でも原因は様々ありますので、お困りの際は是非弊社にご相談くださいませ。

このページの先頭へ